• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子部品通販を利用するメリットとデメリットについて

電子機器を作る時に欠かせないのが電子部品です。 電子部品はプリント基板に実装する部品、放熱処理に使用するヒートシンク、ケースに取り付けるコネクタや電源コードなど色々な部品の総称です。 プリント基板に実装する電子部品には、抵抗、コンデンサ、コイルなどの一般部品、集積回路とも呼ばれているIC、真空管に変わり登場したトランジスタやFET、そしてダイオードやLEDなどの半導体類があります。 こうした電子部品を販売している通販サイトがネットの中に多数あります。 電子部品通販店を利用する事で、必要な電子部品をネット発注が出来るメリットがあります。 しかし、通販サイトで買い物をした場合には、品物が届くまで時間が掛かる、在庫がない電子部品は注文が出来ないなどのデメリットがあります。

通販を利用して部品を買う時のメリットについて

電子部品通販は一般的な通販サイトと同じく、ネット上にあるお店で必要な電子部品を買う事が出来るメリットがあります。 電子部品を買うために、お店まで出向くのが大変な人にとっては魅力的なお店と言えましょう。 また、通販サイトの場合は値段の比較が容易に出来るので、少ない費用で電子部品を買い揃える事も出来ます。 実店舗の場合は、お店に出向いて値段を調べなければなりませんが、通販サイトの場合はサイトにアクセスをするだけで販売価格を調べる事が出来ます。 例えば、100本入りの抵抗が一番安いお店はどこになるのかを調べたい時など、サイトにアクセスするだけで分かるわけです。 ちなみに、通販サイトは品物を届けて貰うために送料が必要になりますが、送料は一定の金額を超えると無料にしているお店が多くあるので、こうしたお店を利用すれば余計な出費もなく電子部品を買い揃える事が可能です。

電子部品を通販店で購入するデメリットについて

電子部品通販店を利用する時、抵抗1個だけを買う場合にも一定の送料が掛かります。 1本10円の抵抗を買うのに、470円などの送料が掛かる、これは小ロット購入時におけるデメリットと言えましょう。 但し、電車を利用して電子部品を販売しているお店に出掛けても、交通費などが掛かるので、一概に弱点とは言えません。 しかしながら、在庫切れになっているものを別途注文した場合、揃っている電子部品だけを届けて貰う時には送料無料になっても、後から届けて貰う部品の送料が発生する事になります。 まとめて届けて貰う事も可能ではありますが、急いでいる時などは不便なものとなってしまいます。 また、通販店の場合は、品物を直接目で見る、触れるなどが出来ないので、ツマミの質感を知りたい時などは、イメージで買う事になるなど、通販店ならではの弱点がある事を把握しておきましょう

ピックアップ記事

電子部品の種類が豊富な電子部品通販

電子機器の工作を行う場合、回路図を作成する事からスタートします。回路を設計出来ない場合には、キット品を利用する方法やネットの中で紹介が行われている回路図を見つければ電子機器の工作が出来ます。回路図を作...

電子部品通販を利用するメリットとデメリットについて

電子機器を作る時に欠かせないのが電子部品です。電子部品はプリント基板に実装する部品、放熱処理に使用するヒートシンク、ケースに取り付けるコネクタや電源コードなど色々な部品の総称です。プリント基板に実装す...

電子部品通販のロット数対応力と発注ニーズに応える力

メーカー側にとっても、購入者側にとってもメリットがある店舗といえるのがネットで電子部品の販売を行っているサイトです。電子部品通販は小ロット数から発注を受け付けていることから人気があり、需要も伸びていま...